式場を早めに予約しよう?!

家族婚で招待する人数が少ない場合であっても、式場の予約は早めに行わなければいけません。式を上げる人気の月である六月などに行いたい場合は、より早めの予約が必要です。自分が望む最高の式場で式を執り行う場合も、早めに予約することで、選択の幅が広がるでしょう。また、日にちも、大安吉日で、家族全員が予定を合わせられる日となると限られてしまいます。大安吉日で土日祝などの場合は、より予約が立て込んでしまうので、注意が必要でしょう。

式で使う物の準備が楽?!

式場さえ決まってしまえば家族婚の準備はとても楽だと言えます。大人数を招いた大規模な結婚式の場合、招待客への招待状の作成や、式の際の席決め、引き出物の準備などを行わなければいけません。しかし、家族婚の場合は、これらの準備するものの数が少ないので、大人数を招く式と比べて、楽だと言えます。大体、大規模な四季の場合は、3ヶ月ほどの準備期間が必要だと言われていますが、家族婚の場合は三ヶ月の準備期間があれば余裕を持って準備できるでしょう。

家族婚の良い点は?!

大人数を招く結婚式と比べて、家族婚の場合は、両家族の交流が深まるでしょう。また大人数の結婚式の場合、新郎新婦は全員へのお礼の気持ちを伝えなければいけないため、1番感謝を伝えなければならない家族と話す時間は、とても限られてしまうでしょう。しかし家族婚の場合は、家族への感謝の気持ちを最大限に伝えることができます。また、家族だけでの式なら余計な気遣いをすることも無く、子連れでの式への参加もしやすくなるでしょう。

「家族婚」とは、ゲストが両親や親族だけのごく小規模の挙式スタイルです。規模の大きい挙式・披露宴と違い、アットホームな雰囲気の中、ひとりひとりとゆっくり会食を楽しむことができます。