自分たちで手配しよう?!

挙式会場を探したり、ウエディングドレスやタキシードなどの衣装手配を依頼したり、披露宴会場を用意したりは一般的に結婚式場が代行して行ってくれるものです。しかし、その用意を自分たちで行う事も可能なので自分達で行えば、費用を安くすることができるでしょう。また、招待状の制作や発送、引き出物の用意も、結婚式場に頼むのではなく自分で行いましょう。結婚式場に頼むのではなく、自分達で行うことによって費用を節約することができるのです。

オフシーズンに式を挙げよう?!

例えば6月はジュンブライドと言われているように、結婚式を挙げる人が多いシーズンです。そのため雨や雪が降りやすく避けられがちなオフシーズンに式場を借りることによって、予約が立て込んでいる時よりも、安く式を挙げられます。また、大安吉日などは予約を入れる人が多いので、費用が高くなってしまいます。お日柄の悪いは予約する人が少ないため、安く式を挙げられるでしょう。四季を上げる日にちや季節を少し妥協すると良いでしょう。

見積もりを取り値引きしてもらう?!

式場によって異なりますが、見積もりを無料で出してもらえることがあります。複数の式場の見積もりを比べて安いところを選ぶと良いでしょう。また、式場によっては、値引き交渉をすると値段を下げて貰えることがあります。余計なオプションなどを無くしてもらい費用を大幅にカットしてもらうこともできるので、相談してみると良いでしょう。また、大規模な式場にするのではなく、レストランウエディングなどにする事で、費用を安く抑えることが可能でしょう。

結婚式を節約したいと考えている方はとても増えています。まずは、結婚式場をチェックしましょう。規模が小さい結婚式場ならば、費用を抑えられます。