服装のコーディネートは?

基本的に結婚式に参加する際の服装に、白やアイボリーやベージュ系などの花嫁のドレスの色と似たような色が入っているのはNGとなります。また、葬儀を連想させるような全身黒で統一したスタイルもNGとなります。そして夜に開催される披露宴では、ラメなどの光る素材は問題ないのですが、昼の披露宴では避けておいた方がいいでしょう。なぜなら昼間では太陽の光りに反射したりして、写真が上手く移らなかったりする可能性があるためです。

アクセサリーの合わせ方

結婚式ではドレスをより一層引き立ててくれる、アクセサリーを多いに活用します。アクセサリーはドレスに華を添えてくれる物となりますが、あれもこれも付け過ぎてしまうと派手になりマナー違反にもなります。ダイヤや石、ゴールドなどをアクセサリーとして身に付ける場合には、1アイテムにするのが派手すぎないようにするためのコツとなります。そこでおすすめなのが、一つ付けるだけで華やかに見せてくれるパールです。冠婚葬祭に使えるため、一つは持っておいた方がいいでしょう。

靴にも気をつけよう!

近年ではサンダルやミュールやパンプスなど様々なデザインの靴があるため、結婚式に参加する際には迷いがちです。しかし最も適した靴は、パンプスです。基本的に結婚式では、ミュールやオープントゥはふさわしくありませんの注意が必要です。またプラットフォームの厚い靴や厚底の靴は、上品な印象にならないためNGとなります。また派手な柄やゴム素材の靴もカジュアルすぎるため、フォーマルな場では避けておいた方がいいでしょう。理想的なのは、細ヒールでレザーやエナメル加工のされた素材のパンプスがいいですね。

鶴岡八幡宮で結婚式をおこなう場合、仮予約はホームページで行うことが出来ます。本契約に関しては直接鶴岡八幡宮で行います。